【ポッドキャスト連動企画】闇を切り裂く- CUT THROUGH THE DARKNESS-【テキスト版】 – 白と水色のカーネーション

泥のような学生生活を送ってきたあなたに捧ぐ「闇を切り裂く」コーナーのテキスト版です!
Podcastと一緒にご覧ください!

このコーナーは甘く切ない映画や音楽に触れていただいて一緒に光を取り戻していただこうという趣旨です。
番組では学生生活「すみっこ暮らし」のミカさんに作品を鑑賞してもらい賢者の解説で光に導くことで、
リスナーさんの闇を取り払うという実験プログラムです。

テキスト版では賢者の実験レポートという形で概要を記載していきます。

採点は点数ではなくカラット数で光の尺度です

白と水色のカーネーション|おんがくのPodcastのアドレスはコチラ!【購読願いします!】
https://itunes.apple.com/jp/podcast/112-xiato-luotou-entowasu/id804555762?i=348534130&mt=2

こちらの記事にPodcast配信後、テキスト随時更新します

byousoku

「秒速5センチメートル」★☆☆☆☆

記念すべき第1回というか、このコーナーの誕生の瞬間です。
「秒速5センチメートル」の物語や恋愛に終始卑屈になりまくるミカさんと
肯定する賢者の様子が垣間見れます。
2人の世界が徐々に壊れていく、片一方はずっとその世界にとじ込まれたまま。
そんな切なさと叙情に満ちた作品。

実験レポート:
クラスのすみっこで「リア充を見てる感じ」で耐え難く、底辺の底辺の人間には共感する部分は皆無。
目を閉じ、さらに手の平で光を遮るような感想で光に導くことができなかった。

Podcast Episode #093
[audio:https://carnation.heteml.net/ukpd_093.mp3]

「秒速5センチメートル」はhuluで観れます → Hulu

⚫︎大画面で美しい映像でお試しください!

kotonoha

「言の葉の庭」★★☆☆☆

雨をテーマに新宿御苑を彷徨う素敵な作品です。
極めて現実に近い描写で心までびしょ濡れ必死の今作。
美しいアニメーションやドラマチックな展開に心は浄火されたのでしょうか?

実験レポート:
「共感は全くできないけど絵が綺麗」「秒速5センチメートルよりは見やすい」など
あまり期待できず。あの先生は男子に好かれ、女子に嫌われる。何をしたら何を言ったら
男が喜ぶのか彼女は知っている気がして、落ち込む。
しかしラストの楽曲からのエンディングで少しだけ霧が晴れるのを目撃する。

Podcast Episode #097
[audio:https://carnation.heteml.net/ukpd_097.mp3]

「言の葉の庭」はhuluで観れます → Hulu

tokiwo

「時をかける少女」★★☆☆☆

あの頃、夢中だったあの子のこともいつかは忘れていってしまうのかな。届かない距離が切ない。
千昭は未来という漠然の言葉を残し遠くの方に行ってしまった。いつか出会えたとしても、
そこにいるのはただ懐かしいだけの2人なのかもしれない。大好きな作品であります。

実験レポート:
「ちょっとよくわからなかった」「楽しくは観れた」などやはり今ひとつな様子。
概要などを解説するも一番の見せ場といっても過言ではないあの土手のシーン、
あの二人はきっともう会えないのである。
そんな話の中で「え?なんで会えないの?」発言。
アニメなんだからタイムマシーンで戻ってこいよとかいう勢いであった。
★後日再び鑑賞したらかなり良かったという感想であった。

Podcast Episode #098
[audio:https://carnation.heteml.net/ukpd_098.mp3]

「時をかける少女」はhuluで観れます → Hulu

bokura

「僕等がいた」★★☆☆☆

恋愛現在進行形の男女の葛藤を描いた作品。今回はDVDのアニメ版を鑑賞。
ほんの些細なことでも共感するところが多く、さすが人気少女コミックと言ったところでしょうか。
男性にも読んでもらいたいコミック。

実験レポート:
WOW!失敗した。早々に「かなりきびしい」「長い、長いわ」と一蹴される。
矢野のような男性がいるから、女子がつけあがる。矢野がとにかく嫌いらしい。
ウソはつき通すべきかという意見、そもそもウソなんて必ずバレるからダメという意見、
題材が漫画であることも忘れて互いにムキになる。
採点はマイナスだったが男女の恋愛感の議論としては良かった。

Podcast Episode #100
[audio:https://carnation.heteml.net/ukpd_100.mp3]

umigakikoeru

「海がきこえる」★★★★☆

高知を舞台に高校生の友情と愛情が交差する本作。
アニメーションでありながらリアルな感情の描写が強烈で
キャラクターが生きているとはこのこと!大スキな作品です。

実験レポート:
みなさんカップリングしてますか!?遂に出た「超良かった」
森崎の誠実さに終始「いいなぁ」と想いにふける。友情、愛情、決別、再開。
完璧な展開に収録中、後光が差しているのが見えた。
しかし、こんだけ褒めておきながら★5じゃないのはなぜだぁ〜い。

Podcast Episode #101
[audio:https://carnation.heteml.net/ukpd_101.mp3]

24chan

「24CH△NNEL」★★★★★

これはまさに堂本剛のヒューマンドキュメンタリー
彼はなぜこんなに物事を楽しめるのか?優しさに包まれます。
その暖かさ故に繊細な部分が垣間見れる貴重な作品。
何度も観たし、これからも何度でも観るであろう作品。
人間・堂本剛観てみませんか?このDVDはまさに愛蔵版です!
DVDの副音声はオーディオコメンタリー形式で最高!

実験レポート:
今回はちょっと一風変わった作品で闇を切り裂く。
物語ではなく、その人そのものに触れてもらうことで感受性を高める実験。
この作品のメッセージは「人とのつながり」と「人はみんな面白い」ということだと思う。
点数を聞き忘れたが★5!ピロンピロンであった。

Podcast Episode #102
[audio:https://carnation.heteml.net/ukpd_102.mp3]

⚫︎一家に1枚必ず持っておきたいDVD!

随時更新します(8月7日)



すずきりょうた Twitterはコチラ
キャラクターなどオフィシャルHPはコチラ

前の記事#112【ウェントワース女子刑務所 -NAKED- 】を考える。 PLAY MUSIC:SPORTS – 白と水色のカーネーション
次の記事#113【真夏の夢 – SUMMER DREAM】を考える。 PLAY MUSIC:OLD LACY BED,WYLDER – 白と水色のカーネーション