【Column】アウォード・セレモニー(授賞式)に行ってきた(東京国際映画祭2018)- ミカブログ

月曜日 12th, 11月 2018 / 18:24
【Column】アウォード・セレモニー(授賞式)に行ってきた(東京国際映画祭2018)- ミカブログ

東京国際映画祭の授賞式に行ってきました。
場所は六本木EXシアター、授賞式は初めての参加でとても緊張しました。
レッドカーペット同様、記者席にて取材してきましたので、その模様をお届けします。

©2018 TIFF

六本木EXシアターは初めて行きましたが、綺麗で良いですね。
記者席は二階席の一番前の列でした。わたしは緊張しすぎて記者一番乗りをしてしまいました。
スタッフの方が丁寧に案内をしてくれました。
今日はフォーマルな場の格好で、、との約束でしたので
一応わたしもそれに恥じないような格好で行ったのですが、
記者の皆さんはそんなにフォーマルでなかったので拍子抜けしました。

授賞式が始まると隣の記者さんはPCを開き、受賞者の一言一句を打ち込んでいました。
おお、これがプロのスピード!と圧倒されました。。わたしは手書きメモを取りました。

まずは東京ジェムストーン賞の発表です。
この賞は東京国際映画祭に出品された作品の中から宝石の原石の様な輝きを放つ若手俳優に贈られる賞です。
要するに新人賞ですね。
受賞者は木竜麻生/リエン・ビン・ファット/カレル・トレンブレイ/村上虹郎の4名でした。
個人的に木竜さんが受賞したのがすごく嬉しかったです。
「鈴木家の嘘」の木竜さんの演技は本当に良かったし、これから大注目な女優さんだなあと思います。
村上虹郎もスピーチが「こんにちは!」から始まって良い子そうだなと思いました。
キラッと光るものがある、まさにジェムストーン(宝石の原石)だなと思います。
リエンさんはベトナムの方でかなり感動されていました。
カレンさんはめっちゃ普段着みたいな服装で大物感が今から出ている感じがしました。

©2018 TIFF

日本映画スプラッシュ部門は新設された賞です。
監督賞は武正晴(銃)/田中征爾(メランコリック)の2名が受賞されました。
嬉しかったのは作品賞!こちらもわたし一押しの「鈴木家の嘘」が受賞しました!
審査員の方が「複雑なテーマを成熟した演出で独創的で秀逸だった」と話していて、そう!そう!と思いました。
野尻監督は今までの人生で賞をもらった事がない、と話していたのでとても嬉しそうでした。

©2018 TIFF

コンペティション部門の各賞の発表です。
「観客賞」は「半世界」が受賞しました!「半世界」は何らかの賞を獲ると思ってましたが「観客賞」でした!
阪本監督が「不意打ちで・・・」と仰ってました。親父の遺言でスピーチは短めに、という事で、観てくれた方に感謝しますと。法被を授与されて着てくれたのが微笑ましかったです。

©2018 TIFF

「ホワイト・クロウ」、この作品も絶対賞に入る!と思ってましたが、
「最優秀芸術貢献賞」でした!映画に出てくる美術館とか、すごかったですものね!
レイフ・ファインズ監督は不在でした。

「堕ちた希望」が「最優秀女優賞」ピーナ・トゥルコさん、
そして「監督賞」のエドアルド・デ・アンジェリスさんのダブル受賞でした!
しかも夫婦!すごくめでたいですね。この日ピーナさんが不在で代わりに監督が賞を受け取っていましたが、
ピーナさんの喜びの受賞ビデオメッセージが面白かったです。普通にバーみたいな所で撮影していて、しかも普段着でした。
しかも不在の理由が「妹の結婚式」という事でした。
司会の笠井さんが監督に「監督は結婚式に出なくて大丈夫ですか?」とアドリブで質問したら
「家族の仕事は分担しているんです」と答えた監督、優しさがにじみ出てました。
「堕ちた希望」はわたしも鑑賞しましたが、プレスの方も少なくそんなに注目度が高いようには思えませんでした。
しかしピーナさんの死を間近にした主人公の演技、とても力強く感じましたし、映画好きな人には、すごく響く映画なんじゃないかと思っていたので、やっぱりな!と思いました。

レッドカーペット時の画像です。©2018 TIFF

わたしは今回、鑑賞できなかったのですが「氷の季節」も「審査員特別賞」と「最優秀男優賞」を獲得しました。
「アマンダ」も鑑賞できなかったのですが今回の大賞「東京グランプリ賞」と「最優秀脚本賞」を獲得しました。

この2作品は観れなかった事が非常に後悔です。。
来年も参加できたらコンペティションを全部観たいと思いました!

この日、授賞式を見たことによって東京国際映画祭が改めて好きになりました!
自分の鑑賞した映画が賞に選ばれるのは非常に嬉しいし、映画に関わった俳優さんや監督さんなどの
貴重なスピーチが聞けたり、とても勉強になりました。

ただ観客の方が少なかったり、海外の方は受賞されても不在の方が多かったのが気になりました。。
海外でも「あの東京国際映画祭で賞を獲った作品!」とか大々的に言われる日がくると良いなと思いました。
もっともっと盛り上がると良いですね!


Mika’s Walker ミカブログ
白と水色のカーネションのミカの雑記。MacBookを手に入れたので始めました。
最近Instagramも数年ぶりに再開しました。

✔ Twitter:https://twitter.com/fnboomk
✔️instagram:https://www.instagram.com/fnb_oomk/
✔LINEスタンプ:LINEスタンプ各種

Podcast URL(iTunes):白と水色のカーネーション | おんがくのPodcast – すずきりょうた

,

記事を検索|Search

Follow Me

To top ↑