【Column】映画「ハード・コア」感想(東京国際映画祭2018)- ミカブログ

火曜日 06th, 11月 2018 / 14:41
【Column】映画「ハード・コア」感想(東京国際映画祭2018)- ミカブログ

ハード・コア」山下敦弘監督(日本)

伝説的コミックが遂に映画化!山田孝之、佐藤健、荒川良々が贈る、
切なくて可笑しい、この平成末期に必見の不器用だけど真っ直ぐに生きる男達の人生活劇。

この映画もプレスの人が「ハード・コアすごく良い」と言ってたのを小耳に挟んだので鑑賞してみました。

なるほど!すごく面白かったです!
前情報がなかったんで、観ていて随分ぶっ飛んだ話だなーと思ったのですが、
原作が漫画というのをエンドロールで知って、そうかー!そうだよねー!となりました。

山田孝之のハードボイルド感とかハマっているし、荒川さんはもうそのままで楽しい。
真っ直ぐすぎて、痛くなるほど、そこにロボットのロボオが良いスパイスになっている気がします。
けどロボオがメインじゃないところとかすごく良いですね。
埋蔵金とか色んな設定がとにかく面白いです。

笑えるところ満載だし(劇場内がかなり笑いに包まれてました)とても観やすかったです。
とにかく観て!って感じです。

不覚にも音楽OvallfeatGotchの「なだらかな夜」がとても良かったです。

©2018 TIFF

レッドカーペットには山下監督とロボオが登場しました。
動くロボオすごかったです。


Mika’s Walker ミカブログ
白と水色のカーネションのミカの雑記。MacBookを手に入れたので始めました。
最近Instagramも数年ぶりに再開しました。

✔ Twitter:https://twitter.com/fnboomk
✔️instagram:https://www.instagram.com/fnb_oomk/
✔LINEスタンプ:LINEスタンプ各種

Podcast URL(iTunes):白と水色のカーネーション | おんがくのPodcast – すずきりょうた

記事を検索|Search

Follow Me

To top ↑